チリウヒーター ソーラーシステムで60年の実績
 ユーザーの皆さまのページ

季節ごとの賢い設定
今日のチリウヒーター 季節ごとの賢い設定 定期点検について ご協力下さい 注意&お願い
 
ここでは、季節ごとのリモコン操作ポイントをご紹介しています。
月はだいたいの目安ですので、ご自分に合った、ご家族に合った設定を見つけてみてください。
ご不明点は、チリウヒーターへお問合せ下さい。

季節ごとのリモコン操作ポイント
4月頃(補助ボイラーはそろそろOFFに)
 4月に入り、だんだんと暖かくなってきました。床温度の設定は少しずつ下げていってください。
 ちなみにチリウヒーター事務所では上限を30℃前後にしています。これで部屋が暑くなる感じはありません。素足で歩くとほのかな温もりが心地よく、立ち仕事でも足が疲れません。日中いくらか暑さを感じるようなら窓を開けて風を通してやります。ぜひお試し下さい。
 また、これくらいの暖房状態ですと、自動的にお湯作り運転が中心になります。お好みにもよりますが、補助暖房はもう炎×印にして大丈夫です。 シルクライン床暖房をご使用の方は左下のつまみを「切」に合わせてください。
 場所によって様々ですが、ハイブリッドソーラーハウスの方は天気がいいと給湯のほとんどを太陽熱でまかなうことになるはずです。タンクの温度が高くなったら、給湯器の電源を切って、浴槽へ蛇口からお湯張りをしてみてください。灯油やガスを使わないでもお湯ができるのは、とてもいい気分です。
 自然の恵み『太陽エネルギー』を無駄なく活用するため、再度設定を確認してみてください。
このページのTOPへ
 
5月頃(シルクライン床暖房をお使いの皆様へ)
 床暖房の設定はすでに「切」にされているかと思います。次期の床暖房使いはじめに暖房用ボイラーを正常に運転させるため、お手数ですが、シーズンオフでも1ヶ月に1回、下記手順で運転してください。

シーズンオフ中の運転方法
 (1) 暖房用ボイラーの電源を入れる。
 (2) ウィークリータイマーの左下にある出力のつまみを「入」にし、温度制御器の
    設定温度を50℃にする。
 (3) そのまま3〜5分間運転させる。
 (4) ウィークリータイマーの左下にある出力のつまみを「切」に戻す。

 
このページのTOPへ
 
6月頃(灯油使用量が多いようならご連絡を)
 これからの季節、灯油の使用量が50リットル以上になる場合、ソーラーのお湯が使われていない可能性があります。
 また、コントローラーの温度表示が高い(50℃以上)とき、給湯器のスイッチを切って蛇口をひねると、水道水と同じくらいの温度の水が出るような場合、何らかの故障が考えられます。これらのような症状がある場合は、チリウヒーターまでご連絡ください。
このページのTOPへ
 
7月頃(室内が暑いのは床暖房のせい?)
 7月に入り、暑い日が続いています。冬の間、30℃以上にしていた蓄熱床の温度は、暖房が要らなくなるとともに温度設定が下げられ、自然に低下します。しかし夏になると設定を25℃以下にしておいても、27℃あるいはもう少し高くなります。この現象は太陽熱で蓄熱床が温められているわけではありません。
 床温度設定が低い場合は、太陽熱を床下に循環する運転は行われません。これは、暑くなった室温の影響を、蓄熱床が床板を介して受けている、言い換えると、部屋の温度によって蓄熱床が温められてしまっているのです。そのため、蓄熱床温度は室温の24時間平均値に近い温度になりますから、夜間に室温が下がったりすると、日中の室温を貯め込んだ蓄熱床の方が室温より一時的にわずかに高くなる現象も起こります。ただ、その程度の温度差では、それで家が暑くなってしまうものではありません。
 夏、日中に留守だからと部屋を暑くしてしまうと、その熱は蓄熱床だけでなく、壁や天井や家具に蓄熱されてしまい(こちらの方が影響は顕著)、影響を後に残してしまいます。ですから、高断熱住宅では、日中軽くエアコンを運転し続けて、家そのものが蓄熱しないように抑えておくことが有効です。
 暖房でも継続して家を暖め続けることで良好な暖房環境ができるのは、ハイブリッドソーラーハウスのお住まいでお分かりと思いますが、それと同様に、冷房もまた一旦熱を蓄えさせてしまった建物の中で空気だけ冷房しても、良好な住環境はできません。生活の中心である居間、食堂、台所は、暑くなる日中だけでも軽く冷房を継続するのが望ましいのです。そのときにハイブリッドソーラーハウスの高断熱・高気密が効果を発揮します。
 また、夜外気温が下がる地方では日没後、窓を開けて通気で床や家そのものに蓄冷することも有効です。
このページのTOPへ
 
8〜9月頃(落雷の被害にあったら)
 そろそろ雷の多い季節がやってきます。落雷でこんな被害にあったら、対応してみてください。

 ◇落雷の被害例1◇ ハイブリッドソーラーハウスのコントローラーの画面が真っ暗
 ※ポンプユニットは、前蓋があくタイプと側面があくタイプがあります。ご注意ください。

 A.前蓋があくタイプ
  (1) ポンプユニットの下側の前蓋をドライバーであける
  (2) 屋外ポンプユニットのコンセント(グレー)を抜く
  (3) ポンプの右斜め上にある、室外基板の右下方にあるヒューズボックス(黒色の円形)5つのうち、
     右端のものを押しながら反時計回りでまわす
  (4) 外した前蓋の内側にスペアヒューズがあるので、その中の0.5Aのヒューズに交換し、
     再びヒューズボックスを元の位置に戻す
  (5) ポンプユニットの屋外コンセントを差しこみ、屋内のコントローラーに基本画面が表示されている事を確認する
 注意)
  ・ヒューズ交換後、コントローラーの温度表示がおかしい場合は、ご連絡ください。
  ・ヒューズのスペアを使ってしまったら、予備のヒューズを購入してください。
  ・100円/ケ(送料80円)。ヒューズ個数分と送料分の切手をチリウヒーターまで送ってください。

 B.側面があくタイプ
  (1) お手元の取扱説明書のカバーに交換用ヒューズが留めてあるので、その中から0.5A(赤色に印)の
     ヒューズを取り出す
  (2) 屋外ポンプユニットのコンセントを抜く
  (3) ポンプユニット右側面にある円形のフタを留めているビス(二箇所)を外し、ヒューズホルダーを確認
  (4) ヒューズホルダーを押し込みながら反時計回りでまわし、ヒューズを外して交換する
  (5) 再びヒューズホルダーを元の位置に戻し、円形のフタを元のとおりにビスで固定する
  (6) ポンプユニットの屋外コンセントを差しこみ、屋内のコントローラーに基本画面が表示されていることを確認する
 注意)
  ・ヒューズ交換後、コントローラーの温度表示がおかしい場合は、ご連絡ください。
  ・ヒューズのスペアを使ってしまったら、予備のヒューズを購入してください。
  ・100円/ケ(送料80円)。ヒューズ個数分と送料分の切手をチリウヒーターまで送ってください。

 ◇落雷の被害例2◇ 不凍液が入っているのに不凍液不足になった
  手順
  (1) ポンプユニットの屋外コンセント(グレー)を抜く。
  (2) 1分ほどしたら差しなおす。
 注意)
  ・ヒューズ交換後、コントローラーの温度表示がおかしい場合は、ご連絡ください。
このページのTOPへ
 
10月頃(そろそろ補助ボイラーの試運転を)
 次第に暑さも和らぎ、秋の気配を感じるようになってきました。少しずつ、ハイブリッドソーラーハウスの暖房システムが活躍する季節が近づいてきました。
 朝夕の寒さを感じはじめたら、ハイブリッドソーラーハウスの設定温度を少しずつ上げて、ソーラー暖房をはじめてみてください。左上の上限温度設定が26−32℃くらいなら、暑すぎることはなく、朝夕の冷えるときだけ効果を感じられるはずです。本格的な寒さがやってくる前に、いろいろな上限温度を試しながら、ぜひご家族に合った設定温度を見つけてください。
 今までの習慣で、どうしても寒くなってから暖房をはじめがちですが、ハイブリッドソーラーハウスの燃料は、当分の間はタダ(自然の太陽熱)ですから、気兼ねなくはじめられます。またハイブリッドソーラーハウスは太陽熱をじわじわと床に貯めこむ仕組みなので、家全体が心地よい暖かさになるまでに少し時間がかかります。早くはじめるのをお勧めするわけはそういうところにもあるのです。寒くなってからボイラーで急に暖房するよりも、少しずつソーラーで温度を上げていったほうが節約にもなります。

 お住まいの地域より使用時期は異なると思いますが、補助暖房の試運転も早めにおこなっておくことをおすすめします。下記に試運転の方法をご紹介しますので参考にしてください。また灯油ボイラーをご使用の方は、灯油補給とエア抜きをお忘れなく。
 エア抜きの方法は、補助暖房用ボイラーの取扱説明書 または 11月(灯油ボイラーをご使用の皆様へ)を参考にしてください。

 --試運転の方法--
 ≪ソーラーハウスの場合≫
  (1) 助暖房用ボイラーの運転スイッチをいれる
  (2) 補助暖房用ボイラーの温度設定を高温にする
  (3) 床の下限温度を現在の床温度+3℃以上に設定する
  (4) コントローラーの炎ボタンを押して、炎マークを炎二つにする。
 *その時に、補助暖房用ボイラーリモコンの燃焼ランプが点灯して補助暖房用ボイラーが燃焼すれば、異常無し。

 ≪シルクラインの場合≫
  (1) 暖房用ボイラーの運転スイッチをいれる
  (2) 暖房用ボイラーの温度設定を高温にする
  (3) 床の設定温度を50℃にする
  (4) コントローラーのつまみを「入」にする
 *その時に、補助暖房用ボイラーリモコンの燃焼ランプが点灯して補助暖房用ボイラーが燃焼すれば、異常無し。
このページのTOPへ
 
11月頃(床暖房の補助ボイラーをONに)
 徐々に寒さも厳しくなってきました。そろそろソーラーだけの暖房から、補助暖房(電源スイッチをONにしてください)も併用した暖房に切り替えるようにしてください。温度表示パネルの炎マークの横に○がついていれば切り替えができています。
 リモコンは2種類あるので、それぞれの操作方法を記載します。

 A.白リモコン
  @ △ボタン、▽ボタンで上段の蓄熱床下限温度(右の数値)を設定します。
  A 炎ボタンを押して、上段の表示を炎○にします。
  B 太陽+蛇口ボタンを押して、下段右寄りの+マークを消します。
 ※特に寒い時、暖房だけに集中させる時は+マークを消します。

 こうすることで、蓄熱床温度が右側の蓄熱床下限温度を切ったとき、あらかじめ設定された時間帯に補助暖房ボイラーが運転するようになります。補助暖房ボイラー運転中は、温度表示パネル下段右端に炎マークが2つ現れ点滅し、補助暖房ボイラーリモコンのランプはついたり消えたりします。

 B.赤リモコン
  @左下の△▽ボタンで上段の蓄熱床下限温度(右の数値)を設定します。
  A炎ボタンを押して、下段の表示を炎○にします。

 こうすることで、蓄熱床温度が右側の蓄熱床下限温度を切ったとき、あらかじめ設定された時間帯に補助暖房ボイラーが運転するようになります。補助暖房ボイラー運転中は、表示画面の右側の補助暖房ランプが点灯し、補助暖房ボイラーリモコンの燃焼ランプがついたり消えたりします。
 また特に寒さを感じる日は、炎ボタンを押して、表示画面の下段表示を炎2つにします。すると、強制的に補助暖房ボイラーの運転がはじまります。曇りや雨の日等、太陽熱だけでは、暖房が追いつかない日(現在の床温度が下限温度以上にならない日)に試してみてください。

このページのTOPへ
 
11月頃(灯油ボイラーご使用の皆様へ)
 急に寒さが厳しくなると、補助暖房の度合いが増えて灯油の消費が急に増えるので、油切れにご注意ください。定期的に灯油屋さんが給油に来てくれている場合は、タイミングが合わなくなって油切れを起こすことがあります。時々油タンクを調べるように気をつけてください。油切れを起こすと、灯油タンクと補助ボイラーの間の送油管に泡が詰まってしまいます。(これを、エア噛みと言います。) 普段から下記のことに注意するようにしてください。

  (1) こぼれた灯油は布(使い古しで十分です)できれいに拭き取ってください。
  (2) 油タンクの油量計をときどき点検し、燃料の有無を調べてください。燃料切れになる前に必ず給油してください。
  (3) 1年に1回はオイルタンクの水抜きをされる事をお勧めします。

 灯油タンクを空にすると送油経路内に空気が入って点火できないことがあります。そのような場合は、下記方法でエア抜きを行ってみてください。 →→≪準備≫プラスドライバー・ボロ布を用意。ボイラーのコンセント(黒)を抜く。
灯油ボイラー
↑↑クリックすると大きく見られます
★方法★
 前面の扉をはずし送油経路のバーナー入口部のストレーナの上部のねじをゆるめます。空気がブクブクッとでてきます。また灯油もこぼれますのでボロ布などでただちにふきとってください。空気抜きは充分(ブクブクが出なくなるまで)に行ってください。空気抜きが不充分ですと、点火が不具合であったり、燃焼中に消火することがあります。
 終わりましたら、扉をはめ、コンセントを入れて、燃焼するか確認して下さい。

 もし点火しなかった場合は、一旦『運転スイッチ』を押して『切』にして、約5秒後に押しなおして『入』にしてください。
 ★油タンクは空にしないように注意してください。
 ★補助暖房用ボイラー取扱説明書にものっています。
このページのTOPへ
 
12〜2月頃(湿度は40%以上に)
 今の季節にはハイブリッドソーラーハウスは乾燥します。灯油ファンヒーターなど室内に排気ガスを出すもの(これらを開放型暖房器といいます)は排気ガスとして水蒸気も出すので、強力な加湿器のように働くのですが、ハイブリッドソーラーハウスでは排気ガスも水蒸気もださないので当然、家は乾燥します。
 室内の湿度が低すぎると喉を痛めたりするので、加湿して湿度を40%位まで上げます。

 1.自然加湿
 湿度が低いと、人の体や、流しや、トイレや、いろんなものから水蒸気が蒸発して湿度を上げる働きをします。家の中に洗濯物を干したり、観葉植物を置いて水をやるのも有効です。

 2.機械的加湿
 それでも足らなければ、加湿器を使って湿度を上げます。

 湿度は過少もいけませんが過大もいけません。健康のため、部屋の湿度はいつも見張っていて、40-50%程度にすることが望まれます。正確な湿度の測り方はこちら
http://www.chiryuheater.jp/useful_info/humidity.html

 乾燥するからと言って換気量を増やすと、外から取り込んだ冷たい空気が暖められることで屋内の湿度は逆に下がってしまうので注意しましょう。
このページのTOPへ
 
3月頃(余った太陽熱はお湯づくりに)
 これからだんだん気温が上がりますので、床暖房を調整し、自分にあった温度設定をして下さい。例えば、
 ・暖かくなってきたら…室内コントローラーの温度設定をじょじょに下げ、朝夕寒くない程度に温度設定して下さい。
 ・日中、家の中が少し暑く感じたら…窓を開けて温度調整しながら床に太陽熱を蓄えておく方がお得です。
  太陽の出ていない時に温度を上げようとすれば補助ボイラーを使わなくてはならないからです。
  また室温を下げ過ぎてしまうと、急に寒くなったときに困るので、ご注意ください。

 現在、太陽熱を床暖房に専念させている方は、もう少し暖かくなったら「太陽+蛇口」ボタンを押して、「+」マークを表示させてください。「+」マークが表示されている状態は、ソーラー暖房で余った太陽エネルギーが給湯に使われるので、太陽の力を無駄なく使うことができます。
このページのTOPへ

☆.。*・°☆.。.。.:*・°☆.。*・°☆.。.。.:*・°☆.。.。*・°。.:*・°☆.。☆.。*・°☆
 ハイブリッドソーラーハウスに関してのご質問は…
 E-mail:office@chiryuheater.jp
 弊社ホームページ:http://www.chiryuheater.jp内「お問合せ」ページ
 または フリーダイヤル:0037-80-2262 , 0120-092-900  より
      (携帯電話からは 0566-81-2262 へお願いします)
*・°☆.。.。.:*・°☆.。☆.。*・°☆.。..*・°☆.。.。.:*・°☆.。*・°☆.。.。.:*・°☆.。

 
Copyright(c) CHIRYU-HEATER Corporation. All Rights Reserved.