チリウヒーター ソーラーシステムで60年の実績 文字の大きさサイトマップリンク集
太陽熱で床暖房とお湯づくり シルクライン床暖房 太陽熱でお湯をわかそう! 自然素材、高性能断熱材 ソーラーハウスをつくる工務店の会
おすすめ建材 見学会 好評開催中! 家づくり全般に役立つ講座 家づくりに役立つ情報集! 国から補助金がでます! お問合せはこちらから 資料請求はこちらから お知らせいろいろ・・
家づくりお役立ち情報集 よくある質問 お役立ちリンク集
  高断熱高気密とは 24時間快適に過ごすこと 自然エネルギーの利用

 ・窓(ガラス、サッシ)の種類と断熱効果
 
 <二重ガラス>
最近では、これから家を建てようとする時、二重ガラス窓を採用する人が増えてきました。
二重ガラスはその名のとおり、従来の一重ガラスの2倍の断熱効果があります。
2重ガラスはガラスとガラスの間の空気で断熱性を作りますが、ガラスの間の空気層は12mm以上必要です。6mmしか空気層の無いものもあるので注意が必要です。
 <Low-Eガラス>
Low-Eガラスは、直射日光の暖かさと明るさをほとんど通過させて部屋を暖かくしますが、夜間、暖かい部屋から外へ逃げようとする赤外線は反射し、家が寒くなるのを防いでくれます。
また夏は、照り返しで部屋に入ってくる赤外線を反射するため、暑さを防ぎます。
太陽からの紫外線をほとんどカットし、家具などの日焼けを防ぐ効果もあります。
 
 <Solar Sheild(高性能Low-E+樹脂サッシ)>
SolarShieldは樹脂サッシにLow-Eガラスがはまっている一体型の窓です。
断熱効果は従来使われてきたアルミサッシ一重ガラスの3倍以上です。
 
ダブルハング フィックス パティオドア
ダブルスライダ ケースメント オーニング
 
     
断熱効果まとめ
断熱効果は従来使われてきたアルミサッシ一重ガラスの3倍以上です。
窓の断熱性能は、熱貫流率Kで表します。熱貫流率は熱の逃げ易さを表し、数値が小さいほど断熱性能は高くなります。上記の窓、サッシを組み合わせた断熱効果は下表のようになります。
1 アルミサッシ1重ガラス(従来使われていたもの)
2 アルミサッシ2重ガラス(ガラスとガラスの間隔・空気層が6mm)
3 アルミ・樹脂の複合断熱サッシ2重ガラス(空気層12mm)
4 樹脂(又は木製)サッシ2重ガラス(空気層12mm以上)
5 SolarShield(高性能Low-Eガラス入り樹脂サッシ)
 
このように、窓を少し工夫するだけで、断熱効果が違ってくるのです。
 
目次に戻る
 
          

Copyright(c) CHIRYU-HEATER Corporation. All Rights Reserved.