チリウヒーター ソーラーシステムで60年の実績 文字の大きさサイトマップリンク集
太陽熱で床暖房とお湯づくり シルクライン床暖房 太陽熱でお湯をわかそう! 自然素材、高性能断熱材 ソーラーハウスをつくる工務店の会
おすすめ建材 見学会 好評開催中! 家づくり全般に役立つ講座 家づくりに役立つ情報集! 国から補助金がでます! お問合せはこちらから 資料請求はこちらから お知らせいろいろ・・
 
茨城県 四季の家
つくば市 ワカバハウスさんの
人にやさしい自然素材を使った家

構造は伝統の木造軸組工法で、土台にはヒバ材、柱は檜・杉材の4寸角と太い構架材を使用。また壁内の空気を換気するシステムを採用しているため、壁内結露やダニ・カビが発生する心配がありません。

檜、杉や珪藻土、漆喰、砂壁、和紙などの素材の呼吸作用による調湿や、自然素材のもつやさしい質感が、住む人に安心と健康的な室内環境をもたらしてくれる”健康住宅”となっているのです。


ハイブリッド・ソーラーシステムによる太陽熱を利用した蓄熱床暖房によって24時間全室を暖房。寒さが厳しい真冬の日でも、1歩家に入れば24時間20度前後という、小春日和のさわやかな快適さがあり、同時に給湯のほとんどをまかなえるそうです。

さらに太陽光発電によって、年間平均1日約10kwの電力を自給。これを利用することで、梅雨時のジメジメした湿気を取り除き、夏場は除湿冷房を行うことができます。


壁内換気については、各室の天井に汚染空気吸気口を設け、それを排気ダクトで屋根裏の熱交換換気扇に集めて屋外に排出。

並行して屋外空気取入口から取り入れた空気を壁内にまわして、各室の壁面下部にある新鮮空気出口から供給するというシステムを採用しています。

熱交換換気扇には、屋外の花粉や空気中のチリを取り除くフィルターも取り付けられていました。
 
このように自然素材、自然エネルギーを最大限に活用した『四季の家』は、少ないエネルギーで、健康的で快適な生活の実現をめざすワカバハウスのノウハウを結集したモデルハウスだと言うことができるでしょう。
 
(株)ワカバハウス
http://www.wakabahouse.jp/
 
≪施工例TOPへ戻る≫
 
 

Copyright(c) CHIRYU-HEATER Corporation. All Rights Reserved.