チリウヒーター ソーラーシステムで60年の実績 文字の大きさサイトマップリンク集
太陽熱で床暖房とお湯づくり シルクライン床暖房 太陽熱でお湯をわかそう! 自然素材、高性能断熱材 ソーラーハウスをつくる工務店の会
おすすめ建材 見学会 好評開催中! 家づくり全般に役立つ講座 家づくりに役立つ情報集! 国から補助金がでます! お問合せはこちらから 資料請求はこちらから お知らせいろいろ・・
岡山県 岩戸様邸

50代の岩戸さんご夫妻。将来の生活を
考えて、新居はバリアフリー仕様に。
自然エネルギーによる健康生活
「暖かくて明るい、健康住宅」をテーマに住宅展示場を見て回った岩戸さんご夫妻が、最終的に決められたのは群を抜いて暖かかった【ハイブリッドソーラーハウス】。

入居して半年間、暖かい冬を過ごし、その快適さを満喫されました。また、次世代対応の高断熱・高気密住宅で結露が発生しにくく、ハウスダストの心配がないことや、自然エネルギーを利用した地窓・天窓設計により、採光・通風を確保してあることなど、「快適な住み心地」も満喫中です。


太陽エネルギーが
住まいを24時間暖かく包む



岡山県は日照時間が長いことで知られ、太陽エネルギーが効果的に活用できる地方。屋根の16枚のソーラーパネルが、24時間床暖房と給湯を行います。


太陽の力と風の流れを設計に取り入れた
人にも環境にもやさしい住まい

〈ハイブリッドソーラーハウス〉ならではの大きな吹抜けがあるリビングと、玄関を居室としたプラン。地窓・天窓を効果的に組み合わせた日差し設計で、明るく風通しのいい快適空間に。「お風呂やトイレ、廊下も暖かく、温度差のない家なんです」と奥様。

太陽熱による床暖房で実現した
「暖かくて明るい、健康住宅」

「冷え性だったんですが、この家で暮らしてからすっかり直りました。足だけでなく体の芯から暖まるからでしょうか、外に出てもポカポカして冷えないんですよ」と喜ばれているのは、24時間床暖房と給湯に太陽熱を活かした【ハイブリッドソーラーハウス】を建てられた岩戸さん。

「暖かくて明るい、健康的に暮らせる家」をテーマに建てられただけあって、5mほどの大きな吹抜けのあるリビングも暖かくて、快適そのもの。「真冬でも、家中どこでも18℃〜20℃くらいに保たれているので、寒さ知らず。それに空気もキレイなので気持ちいいですよ」。

岩戸さんご夫妻が目指された健康住宅は、〈ハイブリッドソーラーハウス〉で実現したようです。

自然素材がふんだんに。
檜のフローリング、ヒバの天井材、
漆喰壁、月桃紙などを採用
きなりの家(株)
http://www.kinarinoie.com/
 
≪施工例TOPへ戻る≫
 
 

Copyright(c) CHIRYU-HEATER Corporation. All Rights Reserved.